日本語教師になるための資格とは

日本語教師は日本語が母国語ではない外国人に日本語を教えることがその務めといえます。


国内の小中学校教諭のように国家資格としての免許があるわけではありませんので、極端な話をすれば日本語を日常的に使っている日本人は誰でも日本語教師になれる資格があるはずです。

日本語教師の資格の人気度が上昇しています。

そこで公民館などで行政が主催する簡易な講座を受講した上で、ボランティアの名目で地域で日本語教師の役目を果たしている人も多くみられます。

しかしこれはあくまでもボランティアの立場ですので、本格的に国内外の日本語学校に就職し、プロの日本語教師としての人生を歩むつもりの人にとっては、これはあまり参考にはなりません。
このような場合にはまずは日本語教育能力検定試験への合格が募集要項に含まれていることが多く、そのために十分な事前学習が必要です。



日本語教育能力検定試験というのは民間資格の一種ですが、能力適性を判断するための重要な資格のひとつとされています。

この試験は大学で日本語教師になるための専門の課程を履修したのと同レベルの実力が求められますので、反対に大学または専門学校などでこのような課程を受講の上で資格試験を突破するのがもっとも確実な方法です。



そのカリキュラムは多方面にわたっており、言語学・音声学・教育学などがメインとなりますが、履修を終えるには400時間以上が必要なことから、少なく見積もっても半年から1年の期間はかかりますので、ある程度の余裕をもった計画を立てておくことが望まれます。