ファクタリングについて

subpage1

ファクタリングとは、金融サービスの一種です。第三者が保有している売掛債権を買い取っては、その債権回収をおこなうことをいいます。


ファクタリングにはいくつかの種類があります。

まず保証ファクタリングですが、これは第三者が有する売掛債権を与信判断の上で買い取り、債権回収をおこなうことをいいます。与信判断とは、財務状況を審査して融資の可否を判断することで、上限枠を設定することや、融資の期限を定めることも含まれています。

債務者の信用リスクに関わる判断となりますので、非常に重要な判断です。

さらに支払い不能になったケースでは、ファクタリング会社が代金を負担しなければなりません。



次に、仕組みとしてとらえられるのが国際ファクタリングです。

これは、貿易取引で使用される信用状の開設に必要なコストを軽減するための仕組みになります。



信用状は銀行で発行されます。

三つ目は一括支払信託です。

これは第三者が保有している売掛債権を買い取り、債権回収をおこなう金融サービスそのものを意味します。これは債務者と債権者、お互いの契約によってはじめて成立するシステムです。



このサービスを実施しているのは、ほとんどが大手の銀行系金融会社ですが、商社系の金融会社をはじめ、信用調査機能をもちあわせている会社もサービスを展開しています。また、売買契約、及び各種契約をおこなう際の料金授受に代行業者を介入させ、代行業者が収納業務をおこなう形態もあります。