日本語教育能力検定試験って何

日本語教育能力検定試験とは、日本語の教育能力をはかる試験です。


グローバルな社会情勢も相まって、日本語教師や日本語の専門教育を行う人はもちろん、日本語に興味を持つ多くの人から注目をされています。

主催団体は「日本語教育能力検定試験(JEES)」、試験は年に一度の実施となっています。


出題範囲は一般的な言語能力から心理学的な分野やコミュニケーション能力まで非常に幅広く、合格率は約20%。出題形式は、マークシートの他にリスニングや記述式もあります。

お手軽な日本語教育の検定を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

このように見ていくと、日本語教育の基礎力を試す検定試験ではあるものの、なかなかの難易度であると言えるでしょう。
学習方法は様々な方法があります。

まずいちばんにあげられる方法が、自分で参考書や問題集を買って学習をする方法です。



マイペースで学習をしたい人には最も向いている学習方法ですが、一人でも学習を続けられるだけの強い意志力が必要な点や学習の要領を掴んでいないとなかなか思うような成果があげられない点が難点と言えます。


比較的時間に融通が利く人や要領よく学習をしたい人は、学校に通うという手もあります。



費用はそれなりにかかりますが、わからないところをすぐ講師に質問ができたり学習仲間を作れたりする点が魅力です。


学習にかかる期間は人によって違いがありますが、合格者の声を確認したところ、3か月〜1年はかかるようです。


ここまででおわかりのとおり、日本語教育能力検定は決して簡単な試験ではありません。ですが、日本語の教育について興味のある人にとってはうってつけの試験と言えるでしょう。