ファクタリング会社のサービス

subpage1

企業の持っている売上債権(売掛金、受取手形等)を総合的に管理するサービスをファクタリングといいます。

元々は欧米で発展してきた金融・貿易システムです。

このサービスでは売掛金を主に対象とした債権譲渡、倒産等による信用リスクの保証、債券回収の管理事務を総合的に引き受けます。


一般的には「債権買取会社」と呼びます。

ファクタリングの比較情報ならこちらのサイトです。

独自の手形取引が発展した日本においては債権譲渡というよりは手形の決済保障として利用されてきました。その後経済や流通の発展に伴い債権は受取手形から売掛債権へと広がり、ファクタリングは債権の買取に加えて債権の保証、与信管理のコンサルティングまで行うサービスへと変貌しました。

具体的には3つのサービスから構成されています。
1つ目は保障ファクタリングです。支払先の倒産等によって、売掛金や受取手形が回収不能となるリスクを回避します。
具体的には支払先の信用情報等から倒産した場合に保証可能な金額を定め、契約します。



2つ目は債権の買取ファクタリングです。


保有する債権を「償還請求権なし」で買い取りますので、支払先が倒産しても買い戻す必要はありません。



決済リスクの回避し、オフバランス化や早期資金化に寄与します。

3つ目は国際ファクタリングです。各国で連携し、信用調査を行い、信用リスクを回避します。


信用状による手間と費用を軽減し、送金ベースによる代金回収を安全にかつ確実に行います。

国内取引と同様に安心して国際取引ができるようにサポートします。