世代によって異なる就活

就活は新卒者であっても転職者であっても必ず行います。しかし、その内容は個人、人生経験によって大きく異なります。例えば、新卒者の就活は過去の経験よりもコミュニケーション能力、人間性が重視されます。新卒者の場合、マニュアルに頼り過ぎるのではなく、自分の言葉でアピールする事が大切です。

マニュアル通りに動く人物はあまり良い評価を受けない事が多いです。少しでも社会人経験のある人の就活は新卒者のそれとは異なります。彼らの場合は履歴書だけではなく、職務経歴書を求められます。また、職務内容だけではなく、その企業に在籍していた期間を重視されます。

その企業が求めるスキルを満たしていても過去の職場での期間が短かったり、短期間にいくつもの企業に在籍している時はその企業から信用されず、内定を取る事が出来ないケースが多いです。専門的な能力も重視されますが、社会人を経験している人の場合は一つの職場で長期間にわたって勤務する事が出来る能力も重視されます。就活はすぐに終える事が出来る人もいれば、長期間にわたって続けなければならない人もいます。人によっては職場が決まらない事が苦痛になり精神を病んでしまったり、自殺を選択する事もあります。

これは相手との縁や相性等もあるのでうまくいかない場合でも自分の能力がないやもう駄目だと考えずに粘り強く続ける事が大切です。昨今、就活を人生にとって非常に大切なものでありミスが許されないと考える人が多いです。結果、心身にダメージを受ける人が増えました。これはあくまでも新たな職場を探す活動に過ぎないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *