契約社員で働くならその次の事まで考えておこう

人は誰でも仕事をしなければ生活を安定させることが出来ません。ビジネスライフは将来的にどのような感じでどこに着地するのか、これを考えながら今の仕事をしていくことになります。会社で仕事をする場合、必ず何かの雇用形態から雇用されることになります。安定度は確実に正社員ですが、正社員の仕事を見つけることが出来ない場合は契約社員として働くこともあります。

この契約社員という雇用形態は本当に中途半端な内容で、契約期間だけしか雇用されないという最初から終わりが見えている雇用形態です。もし、契約社員として仕事をするのであればその次の事までしっかりと考えておきましょう。例えば、今は契約社員として働くけれど、この経験を活かして正社員の仕事を探すという人は多いです。一番ダメなケースはずっと契約社員で働き続ける事だと言えます。

それをやることに何も不満がなく満足しているなら大成功ですが、安定した生活を送りたい、もっと稼ぎたいなど、理想がそこにないのであればしっかりと自分のビジネスライフの着地点を考える必要があります。極端に言うと、ずっと契約期間だけ働くというスタンスを取るなら、フリーランスとして自分で仕事をするほうが道を開く力を養うことが出来るのでメリットがあるとも言えます。この雇用形態は雇用側にとっては都合よく人を使うことが出来ますが、これで雇われた人にとっては将来に対して不安が募ることが多い雇用形態だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *