契約社員より正社員の方が良いのは当たり前

契約社員の事をポジティブに説明するなら、これはいくらでもメリットがあるように説明することが出来ますが、結局のところはどう考えても契約社員より正社員の方が良いに決まっています。もし、これから仕事を探す際に自分のやりたい仕事において正社員募集がなかなか見つからないため、妥協して契約社員で働こうと考えているなら、それは間違った選択なので頭に入れておきましょう。どうして間違った選択なのか、これは先の将来において仕事を継続することが出来ないことが最初から決まっているからです。契約社員は契約期間だけ仕事をすることになり、その期間をどこまで延長することが出来るのか、そして正社員スカウトがあるのかどうか、こうした事を毎回の契約更新で期待しながら働くことになります。

どんな仕事をするにしても、自分がやりたい仕事をしているなら仕事をする度に自分の実力は高くなります。実力が高くなっても見る目がない職場だと、ずっと契約延長ですし、正社員の道はまさに上司のさじ加減と言ったところです。そんな事に時間を割くなら死にもの狂いで転職活動を行い、正社員雇用の職場を見つける方が遥かに有意義です。契約社員として働くことにメリットを得ることが出来る人は限られており、それは正社員として仕事をすることを望んでいない人です。

又は正社員として働くことが出来ない人です。そうでない限りはどのような観点から考えても正社員の方がメリットが格段に高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *