契約社員は仕事を掛け持ちすると稼ぎやすい

契約社員は正社員ほど重要な立ち位置でなければアルバイトやパートよりは重要なことが多いという微妙なスタンスで仕事をすることが多い雇用形態です。契約社員はもちろんの事ながら生活を安定させることは難しく、職場によっては働く日数も少ないことがあります。このように割と自由な時間を持てる場合、その職場以外にも働く場所を見つけて掛け持ちで働くと稼ぎやすくなります。契約社員として雇用されるとき、職場によっては副業などが禁止されているケースもありますが、基本的にばれなければ良いと言えます。

もちろん、禁止事項なら禁止なのでルールを破ることはダメなことですが、雇用形態が正社員なら納得できるものの、契約社員なのですから別にそんな事は無視しても良いと言えます。契約社員でも社員は社員というありきたりな文句を言われそうなところですが、契約が終了すると解雇の可能性もありえることが分かっているのにそこまで会社の方針にまじめに従う人は稀な部類だと言えます。掛け持ちしていても結局はばれなければ良いです。確定申告で税務署が会社に書類を渡してばれるという人がいますが、それは絶対にありえないので心配ありません。

税務署がどこかの企業に個人情報を流すなどありえません。掛け持ちで仕事をすることが出来ると、片方の雇用形態はアルバイトやパートなど、さらに自由に時間を使って働ける雇用形態にしておけば、このスタンスの魅力を最大に活かして稼げます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *