契約社員は契約が終わると次を探すことを覚悟しよう

契約社員として仕事をするなら、基本的な考え方として契約期間が終了すると次の仕事を探さなければならないと思っておくことが大事です。そうしなければ、生活を安定させることが難しくなります。まず、正社員というのは先の将来においても雇用関係から仕事が出来ることが約束されているわけであり、やはり生活を安定させやすいものです。しかし、契約社員の場合は契約期間が終了すると、その時点ですぐに仕事が終わるパターンと契約を更新から延長するパターンがあります。

もし、契約を延長した場合は新たな契約期間が設定されるわけであり、その期間内は仕事を確保することが出来ます。しかし、契約を延長しても生活が安定するわけではなく、毎回の更新日には次の仕事を探すことも覚悟しなければなりません。また、事前に契約期間が終了しても契約社員として延長があると言われている場合でも、それは確実な約束ではありません。何かの事情によって簡単にそんな約束は破られてしまうので、やはり基本的なスタンスは契約期間が終わると次を探すというスタンスを持っておくことは大事です。

つまり、契約社員として仕事をしている中でそろそろ契約満了という時期に差し掛かった場合は転職活動を行い始めるのが好ましいというわけです。そうすれば、延長しようがしまいが継続してスムーズに仕事を繋ぎやすくなります。契約社員は契約終了の前後が一番悩ましい時期であり、ここがビジネスライフの岐路となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *