離職防止対策が必要な理由と行える対策

日本は高齢化社会を迎えることで、多くの分野で人材不足になることが危惧されており、実際に深刻な人手不足に陥っている業態もあります。そのため、企業は人材採用とともに離職を防ぐ取り組みの両方をバランスよく行う必要がありますが、離職防止対策の取り組みがきちんと行われるかどうかは採用活動にも影響するため、注意が必要です。今の時代、求職者は就職・転職活動をする場合にインターネットやSNSを利用することで比較的容易に情報収集することができるので、人材が定着していない企業は特定しやすくなっています。離職者が多いと、働きにくい企業という烙印を押されかねず、優秀な人材を確保することに苦労することになるため、離職防止対策を重要視することが大切です。

また、離職することで在籍している社員への負担が増えることも、さらなる離職者を増やす原因となってしまいます。離職防止対策としてまずできることは、離職に至る原因を探ることです。原因となる不満要因を明確にし、その点に着目して取り組みを強化することができます。また、離職率が低い会社の特徴を分析すると課題点が見え、できることが浮き彫りになるケースも少なくありません。

人材が定着しやすい会社の特徴としては、休暇が取りやすい、コミュニケーションが行いやすい環境にある、柔軟な働き方ができるなど、働く人の自由度ややりがいが尊重される傾向にあります。業務の質などにより同様にできなくても、適用できる点があれば積極的に改善する姿勢も離職防止に役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *