離職防止に努めるには

新入社員の離職が進んでおり、10年前ですら起こっている現象がより加速している事態となっています。その離職の原因となる要因として挙げられるのが、上司との関係性です。上司からのパワハラは問題視されてから年々減少しています。しかし、その分部下に対して何のフォローもしない、何の指導もしないといった上司が増えているいます。

なんのフォローもしないため、その部下も「このままここにいていいものなのだろうか」という不安が出てくる。そのため離職が進んでいます。離職防止を進めていくためには、この問題を解決することが大切です。部下の教育、指導とともにコミュニケーションをとり、時にはフォローもするといったことが上司、部下との関係が成立するものです。

ここまでくると上司は「なぜそこまで見なくてはいけないのではないか」と感じる部分があるはずです。そこまでしなくてはいけないのかと。逆にここをするのかしないのかで部下の一生は変わってきます。何もしない人だと本当にこの会社でよいのかという不安がきて、フォローもしっかりしてくれる人だとこの会社に来てよかったと感じる部分が多少あります。

このように上司はその部下の一生を決める立ち位置であることを自覚して仕事をするべきである。そこをクリアすれば今よりも離職防止にも繋がるはずです。つまり、上司は時には怒りつつも、しっかりアフターケアもしながらすることが近年の離職防止につながるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *