離職防止は給料アップだけじゃない!

今や転職は当たり前の世の中になりました。特に入社して3年以内に離職する若者の数は右肩上がりに増えています。企業にとってはせっかくお金を掛けて育てた新入社員にようやく一人前になったところで、辞められてしまっては大きな損害となります。また最初から新人を育てるには莫大なコストが掛かってしまうからです。

離職防止で効果があるのは給料アップですが、企業も簡単に給与を上げる状況にないというのが本当のところです。そこで他のやり方で離職防止を狙う訳ですが、その大きなステップとなるのが福利厚生の充実と居心地の良い雰囲気ということではないでしょうか。何故ならば会社を辞める理由は給与を別とすれば、圧倒的に労働条件と人間関係が大きな割合を占めているからです。労働条件を今すぐ変えることは難しいかもしれませんが、福利厚生については比較的改善しやすいものもあります。

例えば給与前借りシステムを導入するという方法があります。実際にこのシステムを導入後は離職率が減ったという企業も数多くあるのが事実です。人間関係については、新入社員だけでなく管理者にアンケート等で職場の状況をチェックするという方法も役に立ちます。また、定期的に研修を行って管理職の認識をアップデートすることは、テンポが速い現代社会では非常に有効なことなのではないでしょうか。

人は決して給料のためだけに働いている訳ではありません。まずは雰囲気の良い働きやすい社内の環境作りが、離職防止に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *