企業が取る離職防止方法について

企業が長く存続するためには、良い人材の確保が大きな課題となります。新しく人材を採用するときは、あの手この手を使って失敗しないように進めていきますが、入社した後の人材に、いかに長く活躍してもらうかを同時に考える必要があります。お客様満足度という言葉があるように従業員満足度という言葉も存在します。サービス業や小売業など、消費者と直接関わる職種だとお客様満足度に注目しがちですが、従業員の離職防止のためにも従業員満足度は非常に重要な要素となります。

では、従業員満足度を上げて離職防止に取り組むにはどのような方法があるのでしょうか。即効性があるのは、外部要因すなわち給与体系を見直すことです。夢や理想があって働いている人もいますが、現実的に生活するために働いている側面も多分にあるので、解決策として一番手っ取り早い方法です。ただし、注意しないといけない点は、給与をはじめとする外部要因の改善は離職防止の効果としては長続きしません。

従業員にとって慣れてしまうので、時間が経てば満足度は元に戻ってしまいます。その都度、給与を上げていくのは現実的ではありませんよね。長い期間で離職防止に取り組むとなれば、内部要因を改善することが一番効果が見込めます。従業員のやる気を出さすと言ったらいいでしょうか。

例えば、企業として未来のビジョンを共有する、ひとりの人材として認めてあげる・褒めてあげるなどワクワクさせてあげるのです。重要なのは、何をすれば従業員満足度が上がるのか、しっかりとひとりひとりに寄り添って考えることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *