離職防止の切り札は?

新卒で入社した会社で生涯働こうと思っている人は、昔に比べたらずっと少なくなりました。ステップアップのための転職が当然という風潮がある現在、企業は離職防止対策というのが大きな課題となっています。せっかく莫大な研修費を投入して新人を育てても、ようやく一人前になった頃に会社を辞められては、企業側としては大きな損失を被ることになります。離職防止対策として手っ取り早いのは給料アップということですが、そんなに簡単に給料を上げられる会社はないと言っても差し支えないでしょう。

しかし、同じ給料関係でも給与前借りシステムを導入するというのであれば、企業はそれほどの投資をせずとも実現することが可能です。実は給与の前借りというのは、従業員にとってはかなり助かるシステムであるということを覚えておくと良いでしょう。この制度は自分が働いた分の給与を、給料日を待たずにして入金してもらえるシステムです。月末に急な出費でお金が必要になったという経験を持つ人は多く、さりとて簡単にキャッシング等をしたくないという場合、誰にも気兼ねなく前借りをすることが出来るという大きなメリットがあります。

実際に給与前借りシステムを導入してから、社員の定着率が良くなったという会社は枚挙にいとまがありません。それだけでなく応募者が増えたというところもあります。応募者が増えれば優秀な人材を確保することに繋がるので、離職防止の対策のひとつとしてシステム導入を考えてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *