退職理由を知ることが離職防止に繋がる!

どこの会社でも経費削減は大きな課題となっていますが、中でも大きな経費のひとつが新人を育てるということです。右も左もわからない新人を一人前に育てるために、企業は莫大な経費を支払っています。しかしながら、入社して3年以内に辞める社員は後を絶たず、今や企業にとって若者社員の離職というのは、切実な問題となっています。離職防止のためにまず行わなければならないのが、退職理由の調査ということではないでしょうか。

辞める理由がわからなければ改善点が見えてこないからです。従って退職理由を明らかにするということが離職防止の第一歩に繋がります。例えば退職の理由として多く挙げられるのは、長時間労働や給料が低い、また人間関係が良くないということですが、そういった理由にスポットを当てて改善することで定着率を上げることが出来るはずです。例えば長時間労働が問題となるのならば、通勤時間をカット出来る在宅ワークを取り入れることで解決に近づけられます。

また、給料値上げが難しければ給与前借り制度を導入したり、福利厚生を充実させるなどして社員にとってわかりやすい改革をすることで仕事に対するモチベーションを上げることが可能です。人間関係のトラブルについては、普段から匿名の目安箱を設けたり、アンケートを行うことで実情を知ることが出来るはずです。このように離職防止のためには様々な角度から対策が可能ですが、どちらにしても社員が会社を辞めたい理由がわからない限り改善は容易ではないことを覚えておきたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *