離職防止のために、ネガティブな心情に対するケアを

職場から離れたくなるときというのはどんな場合かと言えば、何か失敗してしまったときや、落ち込むことがあるけれどそれを周りには共有できないと思ったときなどではないでしょうか。大人になると、ネガティブなことが起きたときは人に相談せず自分から早々にその場を離れようとしてしまうことは多いでしょう。もう子供時代と違って自分さえ責任を取れるなら、自分が悪くなったらなったでそのように生きていくのみなのだし、そう考えれば他人に相談することは無駄な時間で、返ってその人に迷惑をかけることだと思えたりして、人と距離を置こうとするのです。また仕事上の関係の人に対しては、いつも気分の明るくなるような、いい顔を見せ続けることがいいことにつながるのだし、そうでないなら人目から隠れてしまった方がましだと思われる場合もあるでしょう。

しかし言わずもがな、そんなことをしていては職場に人がいなくなってしまいます。なので離職防止のために、人同士で温かくし合う風土を作っておくことは大事です。大人は失敗を恐れたいにもかかわらず、よく失敗をする生き物とも言えます。誰でもそんな感じであるということを認めてしまって、それ自体は否定的な目線で語らず、ミスが出たら心情的なことに関しては他の人が同情しながらリカバリーを応援していこうという風にすると、その分いくらか気が楽になるだけで仕事の能率も上がるし、離職防止にも役立ってくれるはずです。

人への優しさを持つことが、離職防止への第一歩と言えます。離職防止のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *